婦人部会

青年部会

自動車部会

広報活動
団体概要
業務内容
事業計画
研修事業
年間行事予定
結婚相談
障がい者作業所
駐車禁止除外指定車標章
国際シンボルマーク
四つ葉マーク
募集して います
賛助会員
令和2年度 埼玉県身体障害者福祉協会 事業計画
 
 基本方針


 国においては、第4次基本計画の2年目には、障害者の自立及び社会参加の支援等のための施策の総合的かつ計画的に推進されてきた。埼玉県では、障害者福祉計画が見直され「第5期埼玉県障害者支援計画」が着実に推進されている。
 
 埼玉県身体障害者福祉協会(以下「埼身協」という。)においては、昨年に続き障害者への理解をさらに深め、法律や条例等が地域社会に定着し、実効あるものとしていくため、引き続き各市町村福祉会と連携して取り組んでいくとともに、2020年東京オリンピック・パラリンピックを通じて実現を目指す共生社会の姿について広く発信を行いたい。

 このような状況の中にあっても、埼身協と各市町村福祉会は協会運営において財政や組織上の課題に直面している。福祉会においては地域の人口減少、高齢化等により存続の危機を抱える地域もあり、課題解決に向け、埼身協のより一層の事業展開と各福祉会の基盤整備及び会員の増加に、今年度も一丸となって取り組む体制を整備し、以下の活動を推進する。


 1 組織強化

(1)埼身協と各市町村福祉会との協調と活動促進を図るため地区別福祉研修会を開催する等連携を強化する。

(2)埼玉県内の身体障害者相談員の資質向上と連携を図るため相談員研修会を開催する。

(3)障害者スポーツ活動の推進を図るため各種のスポーツ活動を支援する。

(4)誰もが暮らしやすい地域づくりを進めるための運動を支援し、障害者が安心して自由に街に出ることができる豊   かな地域生活を推進する。

 2 財政基盤の充実強化

(1)共同作業所の運営及び公益事業、収益事業等の推進・充実を図るとともに事業運営資金の確保に努め、安定   した財政基盤を確保する。

(2)法人の財政基盤を強化するため賛助会員の増強に取り組む。

 3 社会参加促進事業の充実

(1)身体障害者相談、結婚相談等の相談事業の強化推進を図る。

(2)障害者の社会参加を推進するため生活訓練事業を実施する。

(3)地域における障害者団体との連携を図り社会参加を促進する。

 4 広報活動

(1)ホームページを活用して積極的に情報提供する。

(2)広報誌、広報CDの発行等により広報活動の充実を図る。

(3)会員の増強を図るための対策等を市町村福祉会と共同で検討する。

 5 部会活動の充実

 自動車部会・婦人部会・青年部会の部会活動の充実強化を図り事業を推進する。

 6 共同作業所の経営基盤の強化

(1)施設のあり方等も含めた再編整備の検討を踏まえ、利用者の増加及び安定的な経営基盤の強化を図る。

(2)利用者の総合的な支援の継続及び施設老朽化への対応を検討する。

令和2年度 埼玉県障がい者共同作業所 事業計画

 1 運営状況

 埼玉県障がい者共同作業所(以下「作業所」という)は、昨年度の事業目標として入所支援の稼働率は70%以上で設定し、各関係機関等にアピールするとともに、広報活動などを行い利用者増を目指したが、今年度末は57%(17名)に留まる見込みである。しかしその効果はゼロではなく、令和2年4月の新規利用者2名が年度内に決定する予定である。また、通所B 型は定員が安定した状況で運営されている。

 作業所の老朽化に伴う施設整備については、館内エアコンの修繕事業を3期に分けて計画しており、令和岩年度は、共同募金会の受配も受けられて利用者居住室中心の系統で改修した。

 残る2系統についても引き続き計画的に改修していくが、他の必要な改修箇所についても、今後計画していく必要がある。


 2 運営方針と事業目標

 昨年度同様に健全な運営を図れることを目的に現事業の利用者安定確保に取り組むとともに、新規事業展開及び現事業の拡大について、具体的な中・長期計画の策定に向けて検討・協議をしていくため、「新規事業及び拡大準備室」の設置を中心に、令和3年度には実現できるようすすめていく。

 事業目標

(1)入所支援施設において利用者の受け入れを各機関等に積極的にアピールし稼働率73%以上(定員30名に対し利用者22名 現在より5名増)

(2)B 型就労継続支援(通所)において稼働率96%以上(1日48名以上)を確保するために登録数を増やしながら、利用者の通所日を利用者の意向に伴い調整し、1日の利用者数を50名に近い稼働を目指す。

(3)B型就労継続支援利用者でその方の希望を踏まえて、一般就労に2名以上の移行実績をつくれるよう支援する。

(4)新規事業展開及び現事業の拡大の計画を策定する。現状の作業所状況からニーズ等も踏まえ種別や規模を吟味し、新規に在宅系のサービスの展開や現在の事業で入所及び通所利用者の拡大につながる実現可能なプランとしていくため、「新規事業及び拡大準備室」を設置し、別途「実施要項」に従いすすめる。

(5)近隣の福祉施設等や地域の方との交流を深め広く作業所を知ってもらう。
 
 以上5つを目標とし、その進捗状況を随時法人本部に報告及び相談をしながら進めていく。取り組みの内容によっては、会長及び理事や事務局長にも参画していただき、事前の相談をし目標達成に努める。

 また、次の事業にも計画的に取り組む。

 ① 車両整備事業 ―  経年劣化が著しく送迎車両が不足しており、車いす利用者の送迎が制限されているため利用者の拡大をするためにも必要であり、各助成金申請をして増車に努める。

 ② 設備等改修事業 ― 建物や設備等が経年劣化により修繕が必要となっている。優先順位をつけ、また各助成なども吟味して申請をして必要な修繕を行う。

 ③ 事務処理の」デジタル化 ― 現在手書きや紙ベースで仕上げている書類や様式を導入したパソコンサーバーを活用し、デジタル化をすすめ事務作業の効率化を図る。

 3 健康管理

 利用者並びに職員の健康管理について、健康係の看護師を中心に次のように取り組む。

 ① 健康診断の実施

 利用者及び職員の健康診断を計画し実施する。利用者は年1回、検診車を伴う医療チームに来所していただき一般検診を実施する。職員は個別に、かかりつけ病院等で実施するよう手配の手伝いと実施状況の管理を行うとともに、検査の基本費用については、作業所の健康診断取り扱い規定に基づき、入会している福利厚生クラブの助成と合わせて、本人負担なしで実施できるように継続していく。

 ② 北濱ライフクリニックの診察手配

 当作業所の全利用者を対象に年に2回、協力医療機関である北濱クリニックの当作業所嘱託医師に来所していただき定期診察を受けられるように手配する。

 ③ 利用者の日常的健康管理

 必要な利用者に対して、随時投薬の管理やバイタルチェックを施行し健康への指導も行う。
 また、緊急的な体調の変化には速やかに医療機関へ受診手配や同行を行い、家族等への連絡をし早期対応に努める。

 ④ 連携と発信

 各医療機関と連携をし利用者の対応等について職員への連絡を行いその方の健康管理を統一して行えるようにする。
 また、国や県、市等から発信される流行性ウイルス対応のサーベランスなどに注視し作業所への情報伝達に努め、適切な対応を作業所全体で取り組む。

 ⑤ インフルエンザ予防接種の接種状況管理と手配

 年1回、時期をみて利用者に予防接種の促しを行う。
 職員については全員接種とし、かかりつけ病院等で接種しその状況を管理する。費用については上限額を設定し作業所が補助する。

 4 研修計画

 OJT、OFFJT共に随時取り組んでいく。
 OJT では引く続き、日々の業務の中で主任以上が各スタッフに指導を行いスキルアップを図り、」また、支援員会議等を利用し時節に合う課題への取り組み研修を行う。

 OFFJT では、作業所全体で外部研修の情報を共有に、しかるべき研修に各職員均等に参加できるよう配慮する。また、法改正に伴う「サービス管理者更新研修」への参加が義務となり、研修履修者でないと管理者となれず配置減算となることから、最優先で申し込みをし参加できるよう作業所全体で協力体制をとる。

 5 防災

 (1) 法で定められた規定に基づき、施設の防災計画をもって所轄消防署と連携して、年2回の避難訓練を実施する。
 (2) 定期的な専門業者による防災設備点検を実施し、不備の改修や整備を常に万全とし有事に備える。

 (3) さいたま市等が実施する福祉施設防災訓練や情報交換の機会に参加し情報共有に努める。

 6 会議

 作業所内における会議を次のとおり開催する。

 (1) 支援員会議 ― 月1回支援員を中心に開催して所長、次長、課長も参加する。
     作業に関することや利用者ケースなどの確認や検討を行う。招集は次長が行う。

 (2) 全体会議 ― 月1回に非常勤職員も含め全員対象で行う。作業所の月収支報告や作業状況などを確認し     、また、必要な協議を行い、職員全体で情報の共有をする。招集は次長が行う。

 (3) 給食会議 ― 年3回開催し、給食担当者及び所長、次長の他必要な職員が参加をする。給食や食堂に関     する全般で確認や協議をする。招集は次長が行う。

 (4) 運営会議 ― 必要時に開催をする。所長、次長、課長と指名された職員が参加をし、事業の運営や展開な     どを協議し内容によっては評議員会及び理事会に提案をしていく。
     また、必要な場合は、法人会長及び法人事務局長にも参加を依頼し内容を検討をしていく。

 7 行事計画

 ① らんまん祭 ― らんまん際実行委員会にて内田支援員を実行委員長とし計画及び立案、運営をし開催する    。作業所全体の行事として実施し地域の方々にも参加していただき、作業所と地域の交流も行う。また、近隣    の同業事業所にも案内をして交流と情報交換などをし、当作業所利用者のみならず、多く方々に楽しんでいた    だける行事として開催をする。

 ② 年間行事予定 ― 篠田課長と大熊主任を中心に年間の行事予定を立てその時期の状況を勘案しながら開     催の調整を行い、作業所全体で協力し企画運営をする。年間行事予定は次の通り。
月   日 事 業 名 会    場 対  象  者
4月1日~3日 お花見 別所沼公園 利用者全員
4月23日 買い物 入所利用者
5月14日 夕食支援 入所利用者
6月1日~5日 虫歯予防週間 利用者全員
6月24日~26日 社会見学  造幣局・新都心  利用者全員 
7月1日~3日 七夕笹作り 利用者全員
7月7日 七夕大福引大会 利用者全員
8月6日 夕食支援 入所利用者
8月27日 ランチ行事 希望者
9月11日 芋ほり大会 希望者
10月18日 らんまん祭
実行委員会
作業所敷地内 利用者
地域
10月30日 ハロウィン 利用者全員
11月12日 ランチ行事 希望者
11月26日 買い物 入所利用者
12月10日 夕食支援 入所利用者
12月21日~25日 風邪予防週間 利用者全員
12月25日 クリスマス 利用者全員
令和3年1月7日 お年玉 利用者全員
 1月27日~29日  初詣 氷川神社  利用者全員 
2月3日 節分 利用者全員
2月17日~19日 レイクタウン探検 越谷レイクタウン 利用者全員
3月2・9・16・23日 清掃活動 作業所内及び周辺 利用者全員
3月29日 お疲れ様のご褒美 利用者全員
※行事参加は任意、状況により変更や中止もある
TOPにもどる
社会福祉法人埼玉県身体障害者福祉協会
〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5
        (埼玉県浦和合同庁舎3F)
電 話 048(822)2768(代)
FAX   048(831)6442
(C)2015 Copyright by 埼玉県身体障害者福祉協会.All rights reserved