婦人部会

青年部会

自動車部会

広報活動
団体概要
業務内容
事業計画
研修事業
年間行事予定
結婚相談
障がい者作業所
駐車禁止除外指定車標章
国際シンボルマーク
四つ葉マーク
国際シンボルマーク
国際シンボルマークについて
 日常生活の中でよく目にする、青地か黒地に白のマーク(または、その逆になっている)が、国際シンボルマーク です。
  国際シンボルマークは、障害者が利用できる建築物・施設であることを明確に示す。
 世界共通のシンボルマークであり、「車いす使用者だけ、あるいは肢体不自由者だけを対象としている」、という誤 解が多いことは確かですが、全ての障害者を対象としています。
  具体的にどのようにすれば国際シンボルマークが使用できる施設になるかといえば、下表のように定められてい ます。
シンボルマークが使用できる条件
場   所 条    件
玄関 地面と同じ高さにするほか、階段の代わりに、または階段のほかにランプ(傾斜路)を設置する。
出入口 80cm以上開くものとする。回転ドアの場合は、別の入口を併設する。
ランプ 傾斜は、1/12(勾配8%)以下とする。室内外を問わず階段の代わりに、または階段のほかにランプを設置する。
通路・廊下 130cm以上の幅とする。
トイレ 利用しやすい場所にあり、外開きドアで、仕切り内部が広く、手すりが付いたものとする。
エレベーター 入口幅は、80cm以上とする。
 
 この他にも、障害者が利用できる公共輸送機関に使用することが認められています。
障害者の道路横断の安全確保
 その場に居合わせた人は、誘導や合図をして、障害者が安全に道路を横断することができるように努めなけれ ばなりません。
障害者の通行妨害の禁止
 運転者は、一時停止や徐行をし、障害者の通行を妨げてはなりません。
TOPにもどる
社会福祉法人埼玉県身体障害者福祉協会
〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5
        (埼玉県浦和合同庁舎3F)
電 話 048(822)2768(代)
FAX   048(831)6442
(C)2015 Copyright by 埼玉県身体障害者福祉協会.All rights reserved