婦人部会

青年部会

自動車部会

広報活動
団体概要
業務内容
事業計画
研修事業
年間行事予定
結婚相談
障がい者作業所
駐車禁止除外指定車標章
国際シンボルマーク
四つ葉マーク
業務内容
 目的
 この社会福祉法人は(以下「法人」という。)は、多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、自立した生活を地域社会において営むことができるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。
 
(1)第一種社会福祉事業
   障害者支援施設の経営

(2)第二種社会福祉事業
  (イ)障害福祉サービス事業の経営
  (ロ)身体障害者の更生相談

(3)公益事業
  ① 身体障害者福祉のための埼玉県児童生徒美術展覧会事業
  ②青い鳥障害保険事業
  ③ JRジパング倶楽部特別会員事業
  ④ 身体障害者福祉団体との連絡
  ⑤ 地域交流ホームの設置運営
  ⑥ 身体障害者の福祉を目的とする事業の調査研究並びに啓発指導
  ⑦ その他、この法人の目的を達成すること及び支援するために必要な事業

(4)収益事業
  ① 日身連収益事業による一般生活用品の取り扱い事業
  ② 官庁、公民館、体育館等公共施設における自動販売機の設置事業

 主な事業活動
 1 障害者支援施設「埼玉県身体障がい者共同作業所」の経営
 2 身体障害者結婚相談事業
 3 身体障害者温泉療養事業
 4 埼玉県児童生徒美術展覧会事業
 5 身体障害者団体役員の研修
 6 身体障害者相談員・地区別福祉会の研修
 7 障害者スポーツ大会等への協力
 8 身体障害者の福祉事業の調査、研究、企画及び啓発活動
 9 広報紙「埼身協」の発行

 
 温泉療養
   
 障害者が温泉地へ出かけることにより社会参加の促進や肢体機能の訓練とともに、宿泊・温泉入浴やレクリェーション活動を行うことにより、もって自立生活の促進、残存機能の増進や心身の健康保持を図ることを目的として毎年実施しています。
 今年は、那須高原で実施致しました。17福祉会から延べ161人の参加を頂きました。
 毎年恒例の演芸大会(カラオケ大会)では、会長賞を取られた方に、「高級ワイン」が会長から渡されました。
 お天気には恵まれませんでしたが、那須の温泉で疲れを癒し、深緑こ那須高原を皆さん楽しまれた事だと思います。
温泉療養-1 温泉療養-2
温泉療養-3
 美術展覧会
 本展覧会は、埼玉県身体障害者福祉協会が埼玉県美術連盟と共催することにより、県内の障害者や地域との関わり合いを広めるとともに、身体障害者福祉への理解を深め、共に生きていこうとする社会を築き上げていくことを目的として、昭和34年から開催しています。
     

 
 平成29年度、「第59回埼玉県児童生徒美術展覧会」が、戸田市の「戸田市文化会館」で開催され、作品出品数117,967点の中から特別賞及び特選に選ばれた750点の力作が展示されました。  また、この中から、埼玉県知事賞を始め33の賞を受賞した68名の児童生徒に対して10月21日(土)に表彰式が行われ各賞が授与されました。
 研修事業
 社会福祉法人埼玉県身体障害者福祉協会では、日本身体障害者団体連合会福祉大会への参加や、埼玉県身体障害者相談員研修会等を行っています。

1 日本身体障害者福祉大会
 日本身体障害者団体連合会に所属する全国の障がい者が一堂に会し、今後の障害者施策について協議し、障がい者の自立と社会参加を積極的に展開・発展させ、その福祉の増進を図ることを目的に開催されている大会です。
ぐんま大会      関口正彦

 第63回日本身体障害者福祉大会ぐんま大会が、「ユニバーサルデザイン2020行動計画の完全実施を求めよう」「日身連および加盟団体の組織強化を図ろう」を大会スローガンに、平成30年6月13日(水)~14日(木)開催され、平成29年度事業報告、平成30年度事業計画、政策協議報告が行われ、大会宣言及び大会決議が採択されました。
 また、埼身協理事の関口正彦さんが、日身連会長表彰を受賞されました。
2 埼玉県身体障害者相談員研修
 身体障害者相談員が相談業務の内容・手法を取得するとともに、日常的相談援助活動のためネットワークを形成するなど、地域で生活している障害のある人を支援し、相談対応能力の向上と相談員間の連携、また各市町村身体障害者団体役員等や市町村行政担当者との連携を図ることを目的として研修会を開催しています。
埼身協・研修事業
3 第18回日身連関東甲信越静ブロック身体障害者相談員研修会
 平成29年7月21日(金)山梨県甲府市の「山梨県立図書館」で開催された研修会に5名が参加しました。
研修テーマ「親なきあとの自立」
 ~テーマ設定について~
 近年、国は「障害者が施設や病院で過ごすのではなく地域で自立して暮らすこと」を促しています。また県内の障害者相談員からは「障害者の方々にグループホームで充実した交流を」「障害者の方々にここに住んで良かったと思える地域作りを」など障害者の自立に関する声を数多く聞いております。また、障害者を抱える家族にとっては親なきあとの我が子の行く末が一家の心配事であります。
 そこで、本年は”親なきあとの障害者の自立”について考察を深める研修会を開催したいと考え、テーマを設定しました。
    ◆講演
        「障害のある子が 親なきあとに お金で困らないために」

    講師 渡部 伸 氏 (渡部行政書士事務所 代表)

    ◆パネルディスカッション
        「親なきあとの自立を考える」

     パネリスト   雨宮 清昭 氏 

              越水 眞澄 氏

              田崎 輝美 氏

  コーディネーター  山西  孝  氏
4 地区別福祉研修会
 毎年、埼玉県内を5地区に分けて、地区ごとに福祉研修会を行っています。



 広報活動 
 広報紙「埼身協」を年2回発行しています。また、広報委員会の開催、広報紙の記事掲載のための各市町村福祉会への取材活動等を行っています。

NO.59 埼身協(2018年 1月発行)

NO.58 埼身協(2017年 7月発行)

NO.57 埼身協(2017年 1月発行)

NO.56 埼身協(2016年 7月発行)

NO.55 埼身協(2016年 1月発行)

NO.54 埼身協(2015年 7月発行)

NO.53 埼身協(2015年 1月発行)

NO.52 埼身協(2014年 7月発行)

NO.51 埼身協(2014年 1月発行)

NO.50 埼身協(2013年 7月発行)

 調査・研究・企画活動
埼玉県社会参加推進委託事業

 1 技能講習会
 障害者を有しながら自動車を運転する者に対し、運転技能の習得、交通法規の遵守、事故の防止、安全運転の励行に資することを目的に技能講習会を毎年開催しています。
 今年度は、平成27年9月8日(火)に、雨の降る悪天候でしたが、川島町の「交通教育センターレインボー埼玉」で開催しました。
技能講習会 
 2 料理講習会 
 日常生活における健康管理等の訓練を行うとともに、家庭生活及び社会生活に必要な知識の習得や体験交流等を行える場を設けることを目的として、毎年、家庭料理の講義と料理実習を開催しています。
3 ボーリング教室 
 ボウリング教室に参加することにより、スポーツとしてのボウリング体験や身体の感覚・機能を使うことによる機能回復訓練にもなり、社会生活の自立と障害者としての活動範囲の拡大を図ることを目的として27年度は実施する予定であります。
ボーリング教室
4 歩行訓練 
 身体障害者が日常生活上必要な公共交通機関・公共施設等の設備を調査しながら歩行訓練を行うとともに社会参加を促進します。  
 27年度は、調査対象範囲を不特定多数の人が利用する商業施設等にも拡大し、調査結果をバリアフリーの促進に寄与できるよう、社会的活動につなげていく予定であります
TOPにもどる
社会福祉法人埼玉県身体障害者福祉協会
〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-6-5
       (埼玉県浦和合同庁舎3F)
電 話 048(822)2768(代)
FAX   048(831)6442
(C)2015 Copyright by 埼玉県身体障害者福祉協会.All rights reserved